よくあるご質問

爆発性ガスの分類・防爆構造

プリント用には こちらからPDFファイルを
ダウンロードいただけます。
爆発性ガスの分類・
防爆構造
PDFドキュメントをご覧いただくためには
Adobe Acrobat Reader (無償)が必要です。
右のアイコンからダウンロードいただけます。
Get ADOBE READER

爆発性ガスの分類

■電気機械器具防爆構造規格による分類

●代表的な爆発性ガスの爆発等級及び発火度
発火度爆発等級 G1 G2 G3 G4 G5
1 アセトン
アンモニア
一酸化炭素
エタン
酢酸
酢酸エチル
トルエン
プロパン
ベンゼン
メタノール
メタン
エタノール
酢酸イソペンチル
1‐ブタノール
ブタン
無水酢酸
ガソリン
ヘキサン
アセトアルデヒド
エチルエーテル
 
2 石炭ガス エチレン
エチレンオキシド
     
3 水性ガス
水素
アセチレン     二硫化炭素
●爆発等級の分類
爆発等級 スキの奥行25mmにおいて
火炎逸走を生ずるスキの最小値
1 0.6mmを超えるもの
2 0.4mmを超え0.6mm以下のもの
3 0.4mm以下のもの
●爆発等級は、爆発性ガスの標準容器による火炎逸走限界の値により、上表のように3等級に分類する。
●発火度の分類
発火度 発火温度
G1 450℃を超えるもの
G2 300℃を超え450℃以下のもの
G3 200℃を超え300℃以下のもの
G4 135℃を超え200℃以下のもの
G5 100℃を超え135℃以下のもの
G6 85℃を超え100℃以下のもの
●発火度は、爆発性ガスの発火温度に従って、上表のように6等級に分類する。

■国際電気標準会議(IEC)の国際規格による分類

●代表的な爆発性ガスのグループ及び温度等級
温度等級グループ T1 T2 T3 T4 T5
IIA アセトン
アンモニア
一酸化炭素
酢酸エチル
トルエン
プロパン
ベンゼン
メタノール
メタン
LPガス
エタン
酢酸
エタノール
i-ブタン
1‐ブタノール
酢酸イソベンチル
無水酢酸a
ガソリン
n-ヘキサン
アセトアルデヒド  
IIB 都市ガス エチレン
エチレンオキシド
  エチルエーテル  
IIC 水素 アセチレン     二硫化炭素
●グループの分類耐圧防爆構造
グループ ガス又は蒸気の最大安全
すきまの範囲(単位:mm)
IIA 0.9以上
IIB 0.5~0.9未満
IIC 0.5以下
●本質安全防爆構造
グループ ガス又は蒸気の
最小点火電流比の範囲
IIA 0.8超
IIB 0.45~0.8以下
IIC 0.45未満
●温度等級の分類
温度等級 最高表面温度の
範囲(単位:℃)
T1 300超~450以下
T2 200超~300以下
T3 135超~200以下
T4 100超~135以下
T5 85超~100以下
T6 85以下

防爆構造について

■電気機械器具防爆構造規格に基づく記号

●表示記号
表示項目 記号 記号の意味
防爆構造の種類 d 耐圧防爆構造
o 油入防爆構造
f 内圧防爆構造
e 安全増防爆構造
i 本質安全防爆構造
s 特種防爆構造
爆発性ガスの
爆発等級
1 爆発等級1のガス又は蒸気を対象とする
2 爆発等級1、2のガス又は蒸気を対象とする
3a 爆発等級1、2及び水性ガス・水素を対象とする
3b 爆発等級1、2及び二硫化炭素を対象とする
3c 爆発等級1、2及びアセチレンを対象とする
3n すべてのガスを対象とする
爆発性ガスの
発火度
G1 発火温度450℃を超えるもの
G2 発火温度300℃を超え450℃以下のもの
G3 発火温度200℃を超え300℃以下のもの
G4 発火温度135℃を超え200℃以下のもの
G5 発火温度100℃を超え135℃以下のもの
G6 発火温度85℃を超え100℃以下のもの
※0種場所での使用は本質安全防爆構造の機器に限る。

■国際電気標準会議(IEC)の国際規格に基づく記号

●表示記号
防爆構造 記号 記号の意味
防爆構造 Ex IEC規格に基づく防爆構造であること
防爆構造の種類 d 耐圧防爆構造
px 内圧防爆構造
py 内圧防爆構造
pz 内圧防爆構造
e 安全増防爆構造
o 油入防爆構造
ia 本質安全防爆構造
ib 本質安全防爆構造
ic 本質安全防爆構造
ma 樹脂充填防爆構造
mb 樹脂充填防爆構造
mc 樹脂充填防爆構造
nA 非点火防爆構造
nC 非点火防爆構造
nR 非点火防爆構造
防爆電気機器の
グループ
II 工場、事業場用のもの
IIA 分類Aのガス又は蒸気に適用
IIB 分類Bのガス又は蒸気に適用
IIC 分類Cのガス又は蒸気に適用
防爆電気機器の
温度等級
T1 最高表面温度が450℃以下
T2 最高表面温度が300℃以下
T3 最高表面温度が200℃以下
T4 最高表面温度が135℃以下
T5 最高表面温度が100℃以下
T6 最高表面温度が85℃以下
防爆電気機器の
機器保護レベル
(EPL)
Ga 極めて高い保護レベルを
持つ機器で、特別危険個所
で使用可
Gb 極めて高い保護レベルを
持つ機器で、第一類危険箇所
で使用可
Gc 強化した保護レベルを
持つ機器で、第二類危険箇所
で使用可
■電気機械器具防爆構造規格に基づく防爆構造の表示例
電気機械器具防爆構造規格に基づく防爆構造の表示例
■IECの国際規格に基づく防爆構造の表示例
IECの国際規格に基づく防爆構造の表示例

よくあるご質問

製品情報

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら

ページトップ