よくあるご質問

建設業における一酸化炭素中毒予防のためのガイドライン

ガス警報器や検知器、火災警報器に関する法律を掲載しています。お役立てください。

注)このページに掲載している法律は省略や抜粋をしています。各法律のページ下に記載している「更新日」は、当社ホームページを更新した日付です。

建設業における一酸化炭素中毒予防のためのガイドライン

3 作業管理

自然換気が不十分なところにおいては、内燃機関を有する機械及び練炭コンロ等を使用してはならない。ただし、作業の性質上、やむを得ず使用する場合において、一酸化炭素中毒の予防のため、換気に加え、事業者は次に掲げる事項を実施すること。

  • (1)作業開始前の管理
    • 使用する機材や警報装置を点検すること。
      関係箇所に労働者が立ち入る作業を再開する場合には必ず一酸化炭素濃度等を測定し、一酸化炭素濃度の上昇等が確認された場合には、換気を行うこと。
    • 関係箇所に労働者が立ち入る作業を再開する場合には必ず一酸化炭素濃度等を測定し、一酸化炭素濃度の上昇等が確認された場合には、換気を行うこと。
  • (2)作業中の管理
    • 労働者が作業を行っている間、継続的に、一酸化炭素の気中濃度を測定すること。
5 警報装置

警報装置の使用に際しては、次に掲げる事項を実施すること。

  • (3)CO作業の開始前に換気の効果を一酸化炭素ガス濃度計で確認すること。
4 作業環境管理

労働者が一酸化炭素にばく露されるおそれがある場合には、次に掲げる事項に適合する換気を必ず行うこと。

  • (1)機種及び設置場所の選定に際しては、ガスの検知目的、検知場所等の作業・環境条件等を考慮すること。
  • (2)警報を発していることを作業中の労働者に速やかに知らせることができるものを選定すること。
  • (3)複数の作業場所で作業が行われている場合には、それぞれの作業場所に設置すること。
  • (4)検知場所の環境条件にあわせ、必要に応じて、フィルター、防滴カバー等を装着すること。
  • (5)使用前には作動確認をすること。
  • (6)使用時の強い振動や衝撃等を避けること。
  • (7)急激な環境条件の変動を避け、作業前にゼロ調整は必ず行うこと。
  • (8)適切な保管をし、日常点検及び定期点検・整備を行うこと。

よくあるご質問

製品情報

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら

ページトップ