ニュースリリース

国土交通省型式承認取得・(一財)日本舶用品協会検定合格品の 当社の船舶用 複合型ガス検知器が 国内で初めて(一財)日本海事協会の適合鑑定書を取得しました

2019/6/27 リリース

新コスモス電機株式会社(JASDAQ上場:証券コード6824、住所:大阪市淀川区三津屋中2-5-4、TEL:06-6308-2111、社長:髙橋良典、資本金:14億6,000万円)の船舶用 複合型ガス検知器「XA-4400Ⅱ-J」(国土交通省型式承認取得/(一財)日本舶用品協会検定合格品)が、この度新たに国内で初めて(一財)日本海事協会の適合鑑定書を取得しました。

開発の経緯

2014年11月に船舶の安全確保に関する条約「SOLAS条約」(海上における人命の安全のための国際条約)が改正され、XI-1章 第7規則に船舶の閉囲区域に立ち入るための可搬式ガス検知器(携帯用ガス検知器)に関する要件が追加されました。国際航海に従事する総トン数500トン以上の船舶において閉囲区域への立ち入りのための可搬式ガス検知器の搭載が必要で、日本籍船への搭載には、国土交通省の型式承認取得と一般財団法人日本船用品検定協会の検定に合格している必要があり、当社は2018年6月に国内で初めてこの要件に適合した船舶用 複合型ガス検知器「XA-4400Ⅱ-J」を発売し、船舶業界への取り組みを強化しています。

この度新たに、2014年改定のSOLAS条約、IMO作成のガイドライン(MSC.1/Circ.1477)※1、ISO 19891-1:2017※2の三つに適合した可搬式ガス検知器として、一般財団法人日本海事協会より適合鑑定書を取得しました。これにより、これまで当商品が搭載可能であった条約対象の日本籍船への搭載だけでなく、外国籍船にも搭載することできるようになります。同協会からのこの適合鑑定書の発行は、当商品が初めてであり、国内初の取得です。

XA-4400Ⅱ-J(ナナメ)  XA-4400Ⅱ-J(手持ち)

※1 MSC.1/Circ.1477
2014年のSOLAS条約改正に伴いIMO(International Maritime Organization:国際海事機関)が制定した可搬式ガス検知器の選択方法に関するガイドライン

※2 ISO 19891-1:2017
船上用閉囲区域空間検査用可搬型ガス検知器の仕様についての国際標準規格

特長

1. 国内で初めて、国土交通省の型式承認と日本海事協会の適合鑑定書を取得。
2. 酸素・可燃性ガス・硫化水素・一酸化炭素の4種類のガスを同時検知・同時表示。
3. W70×H73×D26mm、約130g※のコンパクトな装着タイプ。オプション使用で吸引式タイプとしても使用可能。※電池含む
4. 乾電池ユニットと充電池ユニットを入れ替えられる2WAY電源。
5. 約40時間の連続使用が可能(乾電池・充電池ともに)。
6. 耐衝撃性設計。
7. 防水・防塵構造(保護等級IP65・IP67相当)※ポンプユニットセット使用時はIP65相当
8. 本質安全防爆構造(Ex ia ⅡC T3 X)※ポンプユニットセット使用時はEx ia ⅡB T3 X

製品についての詳細はこちら ≫ 複合型ガス検知器 XA-4400II-J

バックナンバー

ページトップ