携帯用ガス検知器

酸素・一酸化炭素計 XOC-353II

用途

製鉄所、土木作業現場、トンネル等工事現場、塗装作業現場等で、作業員が身につけて作業環境の安全確認と作業員の安全確保に。

7つの新機能

  1. 画面表示にカラー液晶を採用し、警報時の視認性がアップ。さらにセンサエラー時なども色で瞬時に見分けることが可能。
  2. 胸ポケットなどに装着した際、上から見ても表示が反対にならないよう表示反転機能を搭載。
  3. 最大5日間のデータロギングが可能で、機器にNFCを内蔵しているのでオプションのログデータ収集セットを使って簡単にデータの取り込みが可能。さらに専用ソフトでトレンドグラフ等の作成も容易。
  4. ガス警報の「発生時間」「警報中のPEAK値およびその時間」の履歴を最大200件まで記録する警報履歴機能を搭載。
  5. 警報音量調節機能を搭載。
  6. 特別な工具等は不要で簡単に電池交換が可能。
  7. 暑さ指数(WBGT値1)表示を搭載。3段階の色分けで表示をするのでわかりやすく、これ一台で熱中症対策にも役立つ2

 

*1 本機のWBGT値は、気温と湿度から簡単に推定したもので(輻射熱は含まない)、正確なWBGT値と異なる場合があります。
*2 あくまでも熱中症対策の目安となるもので、熱中症を予防できる商品ではありません。

特長

  • 作業者をまもるポケットサイズの酸素・一酸化炭素計。
  • 酸素・一酸化炭素を同時検知、同時表示。
  • 騒音下でも聞き取りやすい大きなブザー音(95dB以上/10cm)と4か所のランプ、バイブレーションで警報をお知らせ。
  • 単4形アルカリ乾電池1本で約5,000時間の連続使用可能。※無警報時、25℃の場合
  • 防水・防塵構造(IP54相当)。
  • COの積算濃度表示機能、ピークホールド機能搭載。

仕様

型式 XOC-353II
検知対象ガス 酸素 一酸化炭素
検知原理 隔膜ガルバニ電池式 定電位電解式
ガス採気方法 拡散式
検知範囲
(サービスレンジ*1)
0~25vol%
(25.1~50.0vol%)
0~300ppm
(301~2000ppm)
警報設定値 1段目:19.5vol%
2段目:18.0 vol%
1段目:50ppm
2段目:150ppm
積算濃度*2:150ppm・h
応答時間*3 20秒以内 30秒以内
表示方式 液晶カラーデジタル(バックライト有り)
警報方式 ブザー鳴動、赤色ランプ点滅、液晶表示、振動(自動復帰式)
警報音圧 95dB以上/10㎝
付属機能 電池残量表示、ピークホールド機能、積算濃度表示機能*2、液晶表示反転機能、警報履歴機能、ガス警報以外の警報機能(積算濃度、センサ異常、電池残量、エアー調整不良)、データロギング機能(NFCによるデータ読み出し)、暑さ指数表示機能(WBGT値を色で識別)
保護等級 IP54相当*4
使用温湿度範囲 -10~+40℃、30~85%RH(但し、結露なきこと)
電源 単4型アルカリ乾電池 1本
連続使用時間*5 約5000時間(無警報時、25℃の場合)
外形寸法図 W70×D24×H62.5mm(突起部を除く)
質量 約82g(電池含む)
標準付属品 単4形アルカリ乾電池1本、安全ピンアダプタ1個(取付ねじ付)
オプション レザーケース、耐熱レザーケース、アリゲータクリップ、ヘルメットクリップセット*6、点検治具、点検用缶ガス、ログデータ収集セット

*1 あくまでも目安としての指示値を表す検知範囲外のレンジ
*2 積算濃度はガス暴露時間(hr)とガス濃度(ppm)の積で表します。本器では1分間平均濃度の積算値を60分で除して算出しています。なお、時間計算は±5%程度の誤差を有しています。また、単位は便宜上“ppm”としてます。
(例えば、CO100ppmを30分間連続暴露した場合は、100ppm×30/60=50ppm・hとなる。)
*3 90%応答、周囲温度は20±2℃の状態とする。
*4 新品の状態においてJIS C 0920-2003 保護等級IP54に準拠した弊社の試験を満足する防塵防水構造です。
*5 無警報・バックライト消灯時。環境条件、使用条件、保存期間、電池メーカーなどにより異なる場合があります。
*6 ヘルメットの形状によっては、装着できない場合があります。

指定可能ガス

一酸化炭素【CO】, 酸素【O2】

関連製品

資料請求・お問い合わせ・技術サポート

製品カテゴリ

総合カタログダウンロード

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら

ページトップ