よくあるご質問

都市ガスをお使いの方

都市ガス警報器設置位置

空気より軽いガス(6B、5C、6C、7C、12A、13Aガスなど)
検知器の下端は、天井面等の下方、30cm以内で、燃焼器から水平距離で8m以内の同一室内の壁面(または、天井面)に取り付けてください。
空気より重いガス(6Aガス)
検知器の上端は、床面の上方、30cm以内で、燃焼器から水平距離で4m以内の同一室内の壁面に取り付けてください。
ガス漏れ警報器設置位置

ガス・CO警報器設置位置

都市ガス(空気より軽いガス)および一酸化炭素は空気より軽いため、天井面近くにたまります。
警報器は、天井面から30cm以内、燃焼器具から水平距離で8m以内の同一室内の壁面(または、天井面)に取り付けてください。

不完全燃焼警報機能付複合型警報器設置位置

住宅用火災・ガス・CO警報器設置位置

壁取付型の場合は火災感知部の中心が天井面から15cm以上、警報器の下端が天井面から30cm以内で、燃焼機器から水平距離8m以内の、同一室内の壁面の中央付近に取り付けてください。天井取付型の場合は、燃焼機器から8m以内の、同一室内の天井面の中央付近に取り付けてください。

住宅用火災・ガス漏れ複合型警報器設置位置
一覧へ戻る






よくあるご質問

製品情報

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら

ページトップ