ニュースリリース

昨年11月に発売したCO2センサーが、発売から約4か月で初年度販売目標の1,000台を突破!

2021/4/14 リリース

新コスモス電機株式会社(JASDAQ上場:証券コード6824、住所:大阪市淀川区三津屋中2-5-4、TEL:06-6308-2111、社長:髙橋良典、資本金:14億6,000万円)が、2020年11月10に販売を開始したCO2センサー「コネクトCO2センサ」が、発売から約4か月で初年度販売目標として掲げていた1,000台を突破しました。

三密おしらせシステム換気予報2(左)コネクトCO2センサ   (右)コネクトセルラー

これまでの経緯

現在、新型コロナウイルスのクラスター発生を防止するため、各所で三密対策が求められています。厚生労働省からも国民に対し三密を避ける呼びかけや、商業施設向けに正しい換気を促す注意喚起等が出されています。
さらに、4月5日に全国で初めて大阪府、兵庫県、宮城県で適用となった「まん延防止等重点措置」の中でも、飲食店に向けて『換気の徹底およびCO2センサーの設置』が呼びかけられています。次いで東京都、京都府、沖縄県へも「まん延防止等重点措置」が適用となり、CO2センサーの需要が急増しています。
そのような中、昨年11月に発売した「コネクトCO2センサ」が各種メディアに取り上げられるなど大きな注目を集めており、2021年3月時点で初年度販売目標として掲げていた1,000台を突破しました。現在は、今期中に合計約3,000台を新たな目標とし、飲食店を中心に学校、オフィス、病院、介護施設など幅広くPRを行なっています。

許可済:【設置事例】ニクバルCARNIVOR(東京都千代田区内幸町)
【導入事例】ニクバルCARNIVOR様(東京都千代田区)


CO2
センサーが対象となる補助金制度について

現在、国や地方自治体より「新型コロナウイルス感染対策」として各種補助金や助成金制度が設けられています。CO2センサーの設置費用もこの対象になる場合があります。1

【一例】
・京都府:CO2センサーを設置する飲食店店舗に最大30万円の補助金を出すと発表(2021年4月7日)
・東京都中小企業振興公社:備品購入費(CO2センサー、サーモカメラ他)として限度額50万円、助成率対象経費の2/3以内などの感染症対策事業を実施

「コネクトCO2センサ」の概要

「コネクトCO2センサ」は、内蔵のCO2センサでその場のCO2濃度を測定し、数値および4段階の色でわかりやすく機器上に表示します。
現在コロナ対策においては、CO2濃度1,000ppmが換気の目安のひとつとされており2、「コネクトCO2センサ」の表示を確認して、窓を開けたり換気扇を回したりと換気対策を実施することが可能です。

「コネクトセルラー」を使ってできること

また別売りの「コネクトセルラー」を使うと、コネクトCO2センサで測定したデータをクラウドに蓄積し、スマートフォンへ換気のタイミングをプッシュ通知でお知らせしたり、モニター等の大画面で表示したりすることが可能になります。さらに、周辺のスマホ等のWi-Fiの電波を拾い3(半径7m以内)、空間の混雑状況を見える化します。1台のコネクトセルラーに最大2台のコネクトCO2センサが接続できます。

※1 詳しくは国や各自治体で実施されている制度をご確認ください。
※2 厚生労働省作成(R2.4.3)の『「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法』によると、ビル管理法における空気環境の調整に関する基準に適合していれば、必要換気量(一人あたり毎時30m3)を満たすことになり、「換気が悪い空間」には当てはまらないと考えられます。
※3 Wi-Fi接続中の端末はカウントしません。

「三密おしらせシステム 換気予報」システム概要

「コネクトCO2センサ」と「コネクトセルラー」を使って三密の状態をおしらせするシステムが 「三密おしらせシステム 換気予報」です。

システム概要イメージ

<スマホアプリ表示イメージ>
スマホアプリ表示イメージ

<タブレット/モニター表示イメージ>
スマホアプリ表示イメージ

「三密おしらせシステム 換気予報」の特長

1. 信頼性の高い日本製のCO2センサ搭載
世界トップレベルのガスセンサ/ガス警報器メーカーである新コスモス電機グループの信頼性が高い
CO2センサを搭載しています。CO2センサは5年間ノーメンテナンスで使用が可能です。
2. ネットワークに接続することで様々な付帯サービスの利用が可能
スマートフォンアプリで、換気状況/混雑状況の確認ができる他、店内モニターやホームページ等への表示も可能。また、スマートフォンのプッシュ通知で管理者様へ換気のタイミングをおしらせします。
3. 工事不要で、設置が簡単
インターネット工事や配線工事等の設置に関わる工事は一切不要。「コネクトセルラー」をコンセントに差し込んで「コネクトCO2センサ」を必要な場所に設置し、アプリをダウンロードして製品を登録するだけで簡単に使用開始ができます。

*「コネクト」はエンコアードジャパン株式会社の登録商標です。

製品の詳細についてはこちら ≫三密おしらせシステム 換気予報(コネクトCO2センサ SEN2-JP/ コネクトセルラー CON2-JP

 

バックナンバー

ページトップ