ニュースリリース

LPガス用初!警報音声を英語、中国語でもお知らせする LPガス用CO警報器「XL-453A」を発売します

2019/8/27 リリース

新コスモス電機株式会社(JASDAQ上場:証券コード6824、住所:大阪市淀川区三津屋中2-5-4、TEL:06-6308-2111、社長:髙橋良典、資本金:14億6,000万円)は、LPガス用CO警報器「XL-453A」の販売を2019年9月1日より開始いたします。

開発の経緯xl453aナナメ
LPガスの不完全燃焼により発生する一酸化炭素(CO)を検知するCO警報器は、2002年7月に発売して以来長きにわたり多くのご家庭でご使用いただいてきました。

この度、デザインを刷新し、新機能を追加したリニューアル品を発売いたしました。主な特長としては、夜間に電源ランプがまぶしいとのお客様の声を受け、ケース裏側からランプを発光させることで落ち着いた明るさのランプを実現しました。さらに、警報をイラスト表示のランプでお知らせすることで直感的に伝わりやすくなるよう工夫しました。また、LPガス用の警報器としては初めて警報音声を英語、中国語に切替えることが可能になり、より多くの方にお使いいただけるようになりました。

この機器は「認定LPガス販売事業者制度」に対応しており、ゴールド保安認定事業者(第一号認定LPガス販売事業者)であれば、マイコンメータに連動させてCOを検知した際に自動でガス遮断を行なうことで、追加インセンティブを受けることができます。

特長
1. 警報をわかりやすいランプと音声でお知らせ
落ち着いた明るさを採用したイラスト表示のランプと音声で警報をわかりやすくお伝えします。
2. 警報音声は多言語に対応
日本語、日本語⇔英語の交互音声、日本語⇔中国語の交互音声、ブザー音の切替えが可能。
3. 自動初期点検機能搭載
電源投入後の30秒間に自動で故障診断を行ない、結果をランプと音声でお知らせします。
4. 鳴動原因表示機能搭載
過去10日間に警報を発報した場合、直前に鳴動した警報を確認できます。
5. 有効期限お知らせ機能搭載
警報器の有効期限が過ぎると、緑(電源)ランプのゆっくりとした点滅でお知らせします。
6. 機器異常表示機能搭載
機器の異常を検知した場合、緑(電源)ランプの高速点滅と音声でお知らせします。

製品の詳細についてはこちら ≫ LPガス用CO警報器 XL-453A

バックナンバー

ページトップ