携帯用ガス検知器

潤滑油鉄粉濃度チェッカー SDM-73

用途

  • 回転機械の軸受、歯車、シリンダ等の摩耗状態の簡易診断および傾向管理に。
  • 油圧作動油、研削油の鉄粉汚染度管理に。

特長

  • 軸受内の潤滑油に含まれる金属摩耗粉を測定することで振動値が高くなる前の段階での摩耗状態が確認可能。
  • 低速回転機・可変速回転機に使用可能。
  • 測定にかかるランニングコストは電池代のみ。
  • サンプルオイルを挿入するだけなので、現場で測定が可能。
  • 最小分解能1ppm(Wt)の微量検出が可能。
  • CE規格適合(要指定)。

仕様

型式
SDM-73
検知原理
磁気バランス式電磁誘導法
検知対象
潤滑油中の鉄粉濃度
検知範囲
0~19999ppm(Wt)
最小分解能
1ppm(Wt)
サンプル量
1.5ml
電源
単3形アルカリ乾電池4本またはACアダプタ
連続使用時間※1
25℃にてアルカリ電池使用の場合 約30時間
使用温度範囲
0℃~40℃
外形寸法
W84×H190×D40mm
質量
約500g
標準付属品
キャリングケース、2・シリンジ(5個)、オイル採取ノズル(2個)、シリンジホルダ、単3形アルカリ乾電池4本
オプション
ACアダプタ

※1 環境条件、使用条件、保存期間、電池メーカーなどにより異なる場合があります。

関連製品

資料請求・お問い合わせ・技術サポート

製品カテゴリ

総合カタログダウンロード

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら

ページトップ