携帯用ガス検知器

ポータブルガス分析装置 可燃性ガス分析用 XG-100T

特長

  • ガス濃度30ppm以上(エタン1ppm以上)で供給ガス(13A※)と地中発生メタンの識別が可能。また、メタンとエタンの濃度も表示。
  • 判定にかかる時間はわずか3分。現場で測定し、その場で結果が得る。
  • 必要なサンプルガスの量はわずか2ml。
  • 地中発生メタンが存在する環境下で供給ガス(13A※)が漏れた場合でも、確実に供給ガス(13A※)の漏れを識別。
  • 附属の専用ソフトで測定結果を自動解析、自動保存。
  • 付臭剤にTHTを使用している供給ガスをご使用の場合は、別仕様(THT検知タイプ)をご用意。

※この文中では、メタンを主成分としエタンを含む供給ガスを指します。その他供給ガスについてはお問い合わせ下さい。

使用

(メタン・エタン識別タイプ)

型式
XG-100T(エタンが含まれている供給ガス用)
識別対象ガス※1
供給ガス(13A)/地中発生メタン
検知原理
ガスクロマトグラフィー
検出器
基板型半導体式センサ
識別可能濃度
13A:30ppm以上(エタン:1ppm以上)
測定範囲
13A:0~3000ppm
測定時間
3分(連続測定をする場合は間で7分間のクリーニングが必要)
繰り返しの精度※2
メタン濃度指示値の±5%
サンプリング方法
シリンジによる直接注入(サンプル量2ml)
使用温度範囲
0℃~40℃(結露しないこと)
電源
AC100V 50/60Hz
キャリアガス
ボンベ空気
外形寸法
W240×H190×D380(mm)
重量
約9kg
標準付属品
専用ソフト、シリンジ(20本)

※1 その他供給ガスについてはお問い合わせください。
※2 同一条件で、同一濃度のガスを5回以上測定したときの平均値に対するばらつき。

(THT検知タイプ)

型式
XG-100T(付臭剤にTHTを使用している供給ガス用)
検知対象ガス
テトラヒドロチオフェン(THT)
検出器
基板型半導体式センサ
測定範囲※1
0.02~10ppm
測定時間
15分(連続測定をする場合は間で5分間のクリーニングが必要)
繰り返しの精度※2
±15%(THT0.5ppmの場合)
サンプリング方法
シリンジによる直接注入(サンプル量10ml)
使用温度範囲
0℃~40℃(結露しないこと)
電源
AC100V 50/60Hz
キャリアガス
周辺空気
外形寸法
W240×H190×D380(mm)
重量
約9kg
標準付属品
専用ソフト、シリンジ(3本)

※1 土壌の性質により、付臭剤が吸着することがあり正しい結果が得られない場合があります。
※2 同一条件で、同一濃度のガスを5回以上測定したときの平均値に対するばらつき。

指定可能ガス

メタン【CH4】,エタン【C2H6】

資料請求・お問い合わせ・技術サポート

その他・リンク

製品カテゴリ

総合カタログダウンロード

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら

ページトップ