工業用定置式ガス検知警報装置

[都市ガス用]付臭剤濃度測定装置 XG-200F

使用実例

  • 都市ガス製造・供給の現場における付臭剤濃度の日常管理

特長

  • 独自の半導体式センサを検出器に用いたガスクロマトグラフ。
  • コストや手間をかけずに、付臭剤濃度を24時間監視します。
  • 測定結果は専用の産業用PCで表示します(PCスペックについて詳しくはお問い合わせください)。

濃度測定のプロセス

18.10.XG-200F_オモテ

仕様

■測定ユニット

型式 XG-200F-A XG-200F-B XG-200F-C
測定方法 ガスクロマトグラフィー
キャリアガス ボンベ空気※1 ボンベ空気※1
もしくは周辺空気※2
ボンベ空気※1
サンプリング方式 オートサンプリング(ガス導入ユニットSU-01を併用)
検知対象ガス TBM THT シクロヘキセン
測定範囲 0~5ppm 0~30ppm 0~5ppm
繰り返し制度 TBM2ppm
5%RSD
THT10ppm
5%RSD
シクロヘキセン2ppm
5%RSD
指示精度※3 指示値の±10%
測定時間 30分 20分
使用温度範囲 +5℃~+35℃、結露なきこと
電源 AC100V 50/60Hz
外形寸法 W240×H190×D380mm(突起部含まず)
質量 約10kg
外部出力 濃度値4~20mA(0mA:トラブル警報)
無電圧1a接点(接点容量 AC125V 0.5A、 DC30V 2A抵抗負荷)
消費電力 測定時35W
付属品 専用ソフトウェア、電源ケーブル1本、通信ケーブル1本

※1 お客様で別途、ご用意ください。
※2 THTのみ周辺空気をキャリアガスとすることができますが、この場合条件があります。詳細はお問い合わせください。
※3 校正を実施し、その後の一か月間の変動範囲として定義する。

 

■ガス導入ユニット

型式 SU-01
適応圧力 中圧、低圧
外形寸法 W225×H185×D175mm(突起部含まず)
質量 約4.5kg

指定可能ガス

TBM,THT,シクロヘキセン

資料請求・お問い合わせ・技術サポート

製品カテゴリ

総合カタログダウンロード

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら

ページトップ