ニオイセンサ/空気質検知

有機汚濁モニタ VOP-819

用途

プラント排水の上流を連続監視し、水質汚濁事故の未然防止に。

特長

  • 排水中の有機汚濁物質をリアルタイム監視。
  • 水質汚濁防止法の規制物質の多くを幅広く検知。
  • メンテナンスの負担を抑えたランニングコスト設計。

仕様

型式 VOP-819
検知対象 排水中より揮発する各有機化合物
検知原理 熱線型半導体式
検知範囲 0~約1000mg/L(水温25℃、エタノールにおいて)
指示計 LCDバーグラフ(目盛0~10単位、50ドット)、バック照明付
サンプリング方式 ポンプ吸引式
警報設定 任意設定可能
外部出力 警報接点出力 無電圧1a
故障接点出力 無電圧1a(自動復帰方式)
(接点容量 最大AC100V 1A、DC24V 1A 抵抗負荷)
4~20mA(負荷抵抗300Ω以下)
使用温湿度範囲 -10℃~+40℃、90%RH以下(結露なきこと)
電源 AC100V

関連製品

資料請求・お問い合わせ・技術サポート

製品カテゴリ

総合カタログダウンロード

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら

ページトップ