工業用定置式ガス検知警報装置

アルシンガス用化学発光方式ガス検知警報器 CLC-870

特長

  • 化学発光方式で1ppbから超高感度にアルシンガスを検知
  • 定期的な差センサ交換が不要で、消耗品も少ないため手間もかからず、低ランニングコスト。
  • ガス濃度を直接検知することで、すばやい応答速度を実現。
  • 大きなLCD画面で、ガス濃度や機器の状態が見やすい。
  • 専用マルチサンプラーにより、最大3か所での検知が可能
  • アルコール、フロン、水素干渉ガスによる影響はほとんどなし。
  • 運転のための特別なユーティリティは必要ありません。

仕様

型式 CLC-870
検知原理 化学発光方式
検知対象ガス アルシン
ガス採気方式 吸引式
検知範囲 0~25ppb
警報設定値 2.5ppb以上 任意設定可能
警報遅れ 警報設定値の1.6倍で30秒
外部出力 ガス濃度用アナログ出力:4~20mA
ガス警報用接点出力:
1段目 無電圧1a接点  2段目 無電圧1a接点
故障警報用接点出力:無電圧1a接点
電源 AC100V±10% 50/60Hz
仕様温湿度範囲 10~40℃ 65%RH以下(ただし、結露なきこと)
消費電力 最大消費電力:400VA(電源投入時)
常時消費電力:260VA(常温にて)
外形寸法 W350×H450×D233mm
質量 約20kg

接続可能警報盤

資料請求・お問い合わせ・技術サポート



製品カテゴリ

総合カタログダウンロード

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら


ページトップ