工業用定置式ガス検知警報装置

一酸化炭素検知警報器 KS-7D

用途

製鉄所等事務所内、厨房、大学研究施設などでの一酸化炭素中毒防止に。

特長

  • 小型・軽量で検知部・警報部が一体型の一点式一酸化炭素用ガス検知警報器。
  • わかりやすい音声とランプで警報をお知らせ。
  • 電源はDC/AC/電池(オプション)から選択可能。
  • 自動バックアップで停電時でも2週間以上(約350時間)警報器の使用が可能。
  • 濃度や各種表示が見やすい大きな画面。

仕様

型式
KS-7D
検知原理
電気化学式
サンプリング方式
拡散式
検知対象ガス
一酸化炭素
検知範囲
0~75ppm
または0~150ppm
または0~250ppm
または0~400ppm
ガス濃度表示
LCDデジタル4桁、分解能 1ppm(バックライト付)
警報設定値
F.S.75ppmの場合:25/50ppm
F.S.150ppmの場合:50/100ppm
F.S.250ppmの場合:50/150ppm
F.S.400ppmの場合:50/150ppm
警報精度*1
警報設定値の±30%以内
警報遅れ
試験ガスにて警報を発するまでの60秒以内
試験ガス濃度―F.S.75ppmの場合:40ppm、その他の場合:80ppm
警報方式
1段目:橙色LED点滅、状態表示ランプ橙色スライド点灯
2段目:赤色LED点滅、状態表示ランプ赤色スライド点灯
ブザー音または音声出力
1段目:「一酸化炭素濃度が上昇しています」(女性の声)
2段目:「一酸化炭素濃度が上昇しています、危険です」(男性の声)
(音声/ブザーを選択可)
音圧:70dB以上/1m
外部出力
・ガス濃度アナログ出力:DC4-20mA(電源のマイナスと共通)
(電流検出用抵抗は配線抵抗も含め300Ω以下とすること)
・ガス警報接点(1段目および2段目):
1a無電圧接点/自己保持(標準)または自動復帰(リセットスイッチで解除)
(定格負荷:AC125V、0.5A DC30V、2A 抵抗負荷)
その他の機能
メンテナンスモード機能、警報音停止機能
使用温湿度範囲*2
-5~40℃ 30~85%RH
使用電源*3
DC24V±10% / AC100V±10%、50/60Hz±10%
消費電力
AC100Vの場合:監視時約2VA、警報時約6VA
DC24Vの場合:監視時約1W、警報時約3W
寸法
W82×H150×D35mm(突起部を除く)
質量
約0.3kg
オプション
電池ユニット

*1 同一測定条件による。
*2 急激な変化のないこと、および結露のないこと。
*3 電池ユニット使用時、および自動バックアップ時は、アナログ出力や警報接点が作動しないなどDC、AC使用時と一部仕様が異なります。

接続可能警報盤

関連製品

資料請求・お問い合わせ・技術サポート

製品カテゴリ

総合カタログダウンロード

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら

ページトップ