ニュースリリース

無線通信機能を内蔵したガス警報器・マイコンメータ遮断用無線装置セット「XLR-61」を発売します

2018/2/9 リリース

新コスモス電機株式会社(JASDAQ上場:証券コード6824、住所:大阪市淀川区三津屋中2-5-4、TEL:06-6308-2111、社長:髙橋良典、資本金:14億6,000万円)は、新コスモス電機株式会社(JASDAQ上場:証券コード6824、住所:大阪市淀川区三津屋中2-5-4、TEL:06-6308-2111、社長:髙橋良典、資本金:14億6,000万円)は、無線通信機能を内蔵したガス警報器とマイコンメータ遮断用無線装置のセット「XLR-61」を開発し、2018年3月1日より販売を開始いたします。

開発の経緯

ご家庭の台所でガス漏れを検知するガス警報器。万一のガス漏れの際に自動でガスを止めることができればより安全が確保できることから、1980年代前半よりガス警報器とマイコンメータを連動させガス供給を遮断する取組みがされてきました。ただ、ガス遮断を行なうマイコンメータは屋外に設置されており、室内のガス警報器とマイコンメータを接続するには壁に穴を開けて配線を行なうなど大がかりな工事が必要でした。そのため、ユーザーが導入をためらうケースがみられました。

そこで当社では2008年7月に外付けタイプのガス警報器用無線連動ユニットを発売。配線が不要になり有線と比較すると取付けやすくなった一方で、「警報器と無線ユニットを台所に取り付ける必要があり美観を損なう」「無線連動のための縁組作業が煩わしい」「設置環境によっては電波が届きづらい」などの無線ならではの悩みが挙げられていました。

この度開発したガス警報器・マイコンメータ遮断用無線装置セット「XLR-61」は、ガス警報器「XL-691」に無線通信機能が内蔵され、これまで外付けであったガス警報器用無線ユニットが不要になりました。また、ガス警報器とマイコンメータ遮断用無線装置「RM-691」は出荷時から縁組済みなので現場ですぐに設置することが可能です。さらに通信距離が長い場所や電波が届きにくい場所へは中継用無線装置(オプション)をご用意しています。

無線で通信画像3

ガス警報器 XL-691              マイコンメータ遮断用無線装置 RM-691

特長

  1. 【美観アップ】ケーブルレスで美観アップ。さらに無線通信機能が内蔵された警報器はコンパクトで見た目もスッキリ。
  2. 【施工性アップ】配線工事不要。さらに縁組もされているのでそのまま取付けが可能。また、ガス警報器交換時の縁組作業も簡単。
  3. 【920MHz帯無線】通信電波には、スマートメータやHEMSの通信規格において普及が進んでいる920MHz帯を採用。電波が届きにくい場所へは中継用無線装置(オプション)をご用意。
  4. 【外部端子付き】マイコンメータ遮断用無線装置に外部端子が付いているので、NCU等へ通信エラー信号を送ることも可能。
  5. 【音声警報】ガス警報器とマイコンメータの状態をランプと音声でわかりやすくお知らせ。

製品についての詳細はこちら ≫ ガス警報器・マイコンメータ遮断用無線装置セット「XLR-61」

バックナンバー

ページトップ