携帯用ガス検知器

水素ガス検知器 XP-311FCV

生産終了

用途

水素燃料電池自動車の整備検査に。

特長

  • 0~100%LELの水素濃度を検知し、メーターで表示。
  • 小型・軽量で手に持ちやすいデザイン。
  • 単3形アルカリ乾電池4本で、約10時間連続使用可能。
  • センサエラー、ポンプエラー、電池切れをランプとブザーでお知らせ。
  • 付属の外部出力ケーブルを使用して、指示値のアナログ出力が可能。

仕様

型式
XP-311FCV
検知対象ガス
水素
ガス採気方式
自動吸引式
検知原理
接触燃焼式
検知範囲
0~100%LEL
使用温度範囲
-10~40℃、95%RH以下(但し、結露なきこと)
電源
単3形アルカリ乾電池(LR6)4本
連続使用時間
約10時間(20℃、バックライトなし)
外形寸法
W79×H161×D42.5mm(突起部を除く)
重量
約480g
標準付属品
レザーケース、ショルダーストラップ、単3形アルカリ乾電池4本、交換用フィルタエレメント2枚、外部出力ケーブル(1m)、ガス導入管、防滴フィルタ

※環境条件、使用条件、保存期間、電池メーカーなどにより異なる場合があります。

関連製品

資料請求・お問い合わせ・技術サポート

製品カテゴリ

総合カタログダウンロード

キーワード検索

サポート・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ先は
最寄りの当社事務所までお願いいたします

拠点一覧はこちら

ページトップ